山崎 12年、43%

3 5段階 1の顧客評価に基づく
(1 件のレビュー)

¥8,500

突出した複雑さと樽感がある。また、特徴的な甘み、香りの強さ、余韻がある。一方で、独特の苦みと渋みも感じる。
【香り】シロップ漬けのさくらんぼ、リンゴジュース、ミルクティの後、梅シロップ、アップルパイの甘酸っぱく香ばしい香り。
【味】キャラメル、タンニン、青リンゴ、ミズナラ由来と思われるほろ苦さ。奥のほうから桃の缶詰のシロップ、紅茶、生木のニュアンス。
【飲んだ後の余韻】淡い苦み、ミルクティ、のどにひっかかるえぐみ。
【飲み終えたグラスの香り】梅ジャム、レーズン、ミルク。

在庫切れ

商品カテゴリー: 商品タグ:

追加情報

生産者

サントリー社 山崎蒸留所

種類

シングルモルトウイスキー

容量

700ml

解説

サントリー社が1923年に設立した、日本初のウイスキー蒸留所、山崎。スコッチウイスキーと違い、ジャパニーズウイスキーは他社の原酒を混合してボトリングすることは原則ないため、工場内には、様々なバリエーションの製造施設、樽の種類を持つ。山崎12年は、バーボン樽をベースとして、シェリー樽、ミズナラ樽をブレンドしている、と言われる。

1件のレビューが山崎 12年、43%にあります

  1. 3 5点満点

    :

    香りのスイーティな豊潤さに期待しながら、口に含むと苦みが先に出てくる、ちょっとチグハグな印象。ストレートで飲みやすいが、もうちょっとボディがグラマーであれば、と思う。加水するとバランスが崩れる。ロックにするとえぐみが強くなる。桜餅など、味のしっかりした餅系の和菓子と合わせたい。

レビューを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あなたの好みかも…

シングルモルト 白州、43%
シングルモルト 白州、43%
特徴的な酸味と香りの強さ。樽感も強め。一方で軽やかなボディ。 【香り】白ブドウ、ハチミツ、軽めのピート。奥からフレッシュな木樽の香り、マサラチャイ、キャラメル。 【味】アルコールの苦み、軽いピート、渋み、赤いリンゴ。徐々にミルク、ジンジャースパイス、削りたての鉛筆のニュアンスが口の中に広がる。 【飲んだ後の余韻】淡いピート、木樽のニュアンス、紅茶の渋み。 【飲み終えたグラスの香り】淡いピート、レモンティのニュアンス。
3 5点満点
¥4,100 続きを読む
シングルモルト 山崎、43%
シングルモルト 山崎、43%
独特の苦みと酸味。じっくり向き合えば、徐々に甘みと樽感が増してくる。 【香り】青リンゴ、ポン菓子、鼻をツンと刺激するアルコール。時間経過とともに、かすかにフリーズドライのイチゴ、パイナップル、奥から弱いカスタードクリーム。 【味】未熟なアルコール感と苦み、機械油、かすかにハチミツ、白ワイン。徐々に麦のクリーム、かすかにパイナップル、生木のニュアンス、仁丹のような独特の苦みがずっと続く。 【飲んだ後の余韻】強いスパイス、漂白剤、かすかにバニラ、ミント。 【飲み終えたグラスの香り】糊っぽさ、かすかにバニラ、梅ガム。 ※このボトルは180ml瓶。
not rated ¥4,000 続きを読む