ティアコネル 10年 ポートカスクフィニッシュ、46%

3.67 5段階 3の顧客評価に基づく
(3 件のレビュー)

¥8,500

ポートワインについての解説はこちら。

 

特徴的な甘みと複雑さ。ポート樽由来の酸味と渋みを感じる。強めの樽感、余韻。10年の割に熟成感も感じる。

【香り】ドライで酸味のある樽香、花梨の飴、麦芽の香り、青リンゴや洋ナシ。時間経過とともにナッティなニュアンス、かすかに焦げの苦み、カスタードクリーム、ジャスミン、オレンジ。

【味】おだやかな味わい。ベリーのキャンディ、スパイス感、アーモンド、蜂蜜、花梨、やや強めの樽感、爽やかな酸味。徐々にすもも、キャラメル、樽の渋み、香ばしい麦芽、ザラメ、ドライアプリコット。

【飲んだ後の余韻】削りたての鉛筆、麦芽、洋梨のジャム、黒胡椒、樽由来のドライさとスパイシーさ。

【飲み終えたグラスの香り】甘い麦芽の香り、樽木の香り、ジンジャーキャンディ、白胡椒。

在庫切れ

商品カテゴリー: 商品タグ:

追加情報

生産者

クーリー蒸留所

種類

シングルモルトウイスキー

容量

700ml

解説

1987年、ジョン・ティーリングが設立。1992年に第1号としてリリースしたのが「ティアコネル(Tyrconnell)」。2011年にビーム社傘下。このボトルはアメリカンホワイトオーク樽で熟成後、最後の数か月をポートワイン樽でフィニッシュ。アイリッシュウイスキーの特徴的な麦芽系の甘みに、とポート樽由来のキャンディのような甘みが絶妙にマッチしている。

3件のレビューがティアコネル 10年 ポートカスクフィニッシュ、46%にあります

  1. 4 5点満点

    :

    香りは瑞々しいフルーツ。飲むと粉っぽいクッキー感でドライな印象。コロコロと表情の変わるウイスキー。面白い。

  2. 3 5点満点

    :

    嫌味がなく、中熟原酒のようなバランス。複雑な樽感。どことなくソーテルヌっぽい甘みと酸味。

  3. 4 5点満点

    :

    酸味なども感じる爽やかさに甘さと苦味もある、複雑さと奥行きがあり様々な要素を楽しめる。余韻の苦味とユーカリっぽさは、どこかソーテルヌ樽を思わせる。

レビューを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あなたの好みかも…

キンタ・デ・ラ・ローザ トゥニーポート20年、19%
キンタ・デ・ラ・ローザ トゥニーポート20年、19%
突出した甘みとトロリとした粘性。長熟で適度にタンニンの渋みが落ち、特徴的な酸味、ボディ、熟成感。妖艶な余韻が薄く長く続く。 【香り】カシスリキュール、ドライプルーン、アップルミント、かすかに紅茶のニュアンス。徐々にポートワイン独特(色でいえば褐色のような)の甘い香り、わずかにアルコールアタック。 【味】ねっとりした甘さ、煮詰めたブラックベリー、シナモンの粉。徐々に舌を刺激するタンニンの渋み、ウェットなドライプルーン、かすかにブラックチョコレート。 【飲んだ後の余韻】これぞナッティというニュアンス、ミント、カシス、シガリロの後の薫香。
4 5点満点
¥3,500 続きを読む