ブラックニッカ クロスオーバー、43%

3 5段階 3の顧客評価に基づく
(3 件のレビュー)

¥2,000

★★★クロスレビュー記事はこちら。★★★

 

特徴的な甘み、煙りがある。比較的、樽感と複雑さがあり、余韻もそこそこ長い。

【香り】初めに梅昆布茶や海藻などの旨味、くぐもったピート感。徐々にカフェオレのようなニュアンスやバニラ、若干もっさりした麦感。
【味】甘くトロリとした穀物感から、徐々に苦く焦げた木材。酸味のあるかんきつ類、例えば八朔。焼肉や焼き魚のような、焼いた動物性たんぱくのニュアンス。後半になるほど、若干メタリックでヨーグルトのような香味が出てくる。
【飲んだ後の余韻】黒こしょう、カフェオレ、微かなピートが長く続く。
【飲み終えたグラスの香り】おがくず、海苔の佃煮、薄く火薬のニュアンス。

在庫切れ

商品カテゴリー: 商品タグ:

追加情報

生産者

ニッカ社

種類

ブレンデッドウイスキー

容量

700ml

解説

ニッカが2017年5月に発売した『ブラックニッカ』限定ボトル。従来のブラックニッカより力強さを追求した、とされる。香味のキーとなるのは、余市蒸留所のヘビーピート原酒と、それを際立たせる宮城峡蒸留所のシェリー原酒。価格は2,000円程度と、手の届きやすい価格帯。

3件のレビューがブラックニッカ クロスオーバー、43%にあります

  1. 3 5点満点

    :

    優しいピートと熟成した果物感、麦の甘みでバランス良く飲み疲れないディリーウィスキー

  2. 3 5点満点

    :

    麦の甘さとやわらかいピート香。グレーンの比率が高いのか、中盤以降、急速に切れ上がる。ストレートでも飲みやすい。

  3. 3 5点満点

    :

    甘味苦味の多彩な香味、後半のじんわりとしたピートが印象的。

レビューを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あなたの好みかも…

【話題のボトル】シングルモルト宮城峡 モスカテルウッドフィニッシュ、46%
【話題のボトル】シングルモルト宮城峡 モスカテルウッドフィニッシュ、46%
    ★★★モスカテルワインに関する記事はこちら。★★★   粘性のある甘み、きつめの樽感。香りは華やか。渋みも感じる。若い原酒が多いのか、未熟なアルコール感が強い印象。 【香り】粉っぽいニュアンス、煮詰めたリンゴの甘酸っぱさ、つんとしたアルコール。時間経過とともにレモネード、オレンジピールを混ぜ混んだチョコレート、イチゴのキャンディ、カスタード。 【味】タンニンの渋み、アルコールアタック、べったりしたキャンディの甘み。トロリとした舌触り、粉っぽさ、ラムネ菓子、スパイシーな樽感、ルビーポートのニュアンス、かすかに腋臭。 【飲んだ後の余韻】ラムネ、ミント、タンニンのスパイス感、粉っぽさ、オレンジマーマレード、ぬるっとしたニューポット感。 【飲み終えたグラスの香り】かすかにオレンジピールと腋臭と芝生。ほんのりと発酵の香り。
not rated ¥15,000 続きを読む
竹鶴 17年、43%
竹鶴 17年、43%
突出した苦みと渋み、余韻がある。また、特徴的な煙たさ、樽感を持つ。 【香り】アップルミント、湿った木、ツンとくるアルコールから、ドライアプリコット、淡いカカオ。 【味】アルコールアタック、樽木のニュアンス、オレンジジュースの後、強めのピートの煙と苦み、渋い紅茶、奥からブドウのニュアンス。 【飲んだ後の余韻】ピート、ミント、ピリッとしたアルコール感がいつまでも残る。その奥にはミルク、タンニンの渋み。 【飲み終えたグラスの香り】ミント、樽木、オレンジ。
3 5点満点
¥7,000 続きを読む
竹鶴 ピュアモルト、43%
竹鶴 ピュアモルト、43%
突出した甘み、比較的渋みと複雑さ、樽感がある。 【香り】硫黄、焦げた木材、焼いたバナナ、クリームブリュレ、奥からピートと溶剤も感じられる。 【味】やや硫黄、ウッディ、ミックスベリー、焦げた木材と若さも感じる。 【飲んだ後の余韻】羊羹、内陸ピート、じんわりとした甘さが残る。 【飲み終えたグラスの香り】焦げたシフォン、香ばしく甘い麦汁、黒蜜。   春のおすすめボトル! 特集記事はこちら。
3 5点満点
¥2,750 続きを読む