セントジョージ モスカテルカスク・マチュアード 7年、63.2%
セントジョージ モスカテルカスク・マチュアード 7年、63.2%
モスカテルワインカスクによる7年熟成、という珍品。コッテリした甘みと香り高さを感じる。強い樽感、渋み、苦味が、強いアルコール感と相まって舌を刺激する。ブラックアダー社の売りである「ロウカスク」(ボトリング時に手を加えないため、樽木の木端なども混じる)由来なのかもしれない。 【香り】かすかに焼肉の香り、粉っぽい麦芽感、ツンとくるアルコールアタック、紅茶のニュアンス。時間経過とともにカスタード、メロン、かすかに金属っぽい香り、ヨーグルトの酸味。 【味】強いアルコールアタック、トロリと甘いブドウのニュアンス、ミント、スパイシーなタンニン。徐々に舌にピリピリと来るジンジャー、アルコール由来の苦み、かすかに硫黄、ダークチェリー。 【飲んだ後の余韻】カカオの苦み、焦がした麦芽、紅茶の渋み、唇と舌を刺激するアルコール感が長く続く。 【飲み終えたグラスの香り】ツンとしたアルコール感、柏餅の葉っぱ。   モスカテルワインとモスカテルウッドフィニッシュに関するコラムを書きました。(2017年9月26日)
3 5点満点
¥9,500 続きを読む