【世界ウイスキー時評】最恐ピートのオクトモア、自己記録を更新

Pot Still Loverです。

SCOTCHWHISKY.COMによれば、ピートレベル世界一のウィスキーであるオクトモア、また記録を更新するそうです。

記事は、こちら。

これまで、オクトモアはバッチ7までリリースされており、今回のリリースでバッチ8となります。

写真はこれまでリリースされたオクトモア。その強烈な煙は世界中のピートラバーを虜にしています。

過去最高がバッチ6.3の258ppmですが、今回の8.3は309ppm、とのこと。

それがどれぐらいになるか、イメージがつかないでしょうから、他のウィスキーのピートレベルについてご参考までに記載します。

白州12年:8ppm
タリスカー10年:22ppm(テイスティングコメントはこちら。
アードベッグ10年:55-65ppm(テイスティングコメントはこちら。

 

もはや次元が違いますね。

今回は、マスタークラスと銘打たれた4本シリーズで、イギリスでは2017年9月にリリースされるそうです。(8.4だけ来年リリース)

 

バッチに8の字がつくように本来なら8年ものですが、この最恐の8.3だけは5年もので、現マスターディスティラーのアダム・ハーネット氏が全行程に携わった記念すべきリリースだそうです。

 

オクトモアの意味は、「偉大な8」という意味であり、バッチ8までたどり着いたことを受け、かなり気合が入ってますね!

大人気なこのシリーズ。日本にもフリークが多く、中には、ケーキにオクトモアを注入する猛者まで。

 

今回のリリースでは本数は一番少ないのでも1万本以上とのこと。

日本でも相応に入ってくるはず(冬頃に輸入されるとのこと)ですが、きっと争奪戦となることでしょう。

今から要チェックです!

参考まで、今回のバッチ8シリーズのスペックを抜粋します。

Octomore Masterclass 08.1
Strength: 59.3% abv
Distilled: 2008; bottled as an eight-year-old
Phenol level: 167ppm
Cask: First-fill American oak barrels
Availability: 42,000 bottles; global release in September 2017
Price: £120

Octomore Masterclass 08.2
Strength: 58.4% abv
Distilled: 2008; bottled as an eight-year-old
Phenol level: 167ppm
Cask: Six years in refill ex-Sauternes, French Mourvèdre and Austrian sweet wine casks. The casks are vatted and finished in first-fill Italian ex-Amarone casks for two years
Availability: 36,000 bottles; global travel retail release in September 2017
Price: £125

Octomore Masterclass 08.3
Strength: 61.2% abv
Distilled: 2011; bottled as a five-year-old
Phenol level: 309.1ppm
Cask: 56% ex-Bourbon American oak; 44% ex-Pauillac, Ventoux, Rhône and Burgundy European oak casks
Availability: 18,000 bottles; global release in September 2017
Price: £165

Octomore Masterclass 08.4
Strength: 58.7% abv
Distilled: 2009; bottled as an eight-year-old
Phenol level: 170ppm
Cask: 20% virgin oak casks; 80% first-fill American oak casks, finished in second-fill virgin oak from France.
Availability: 12,000 bottles; global release in 2018
Price: £150

 

Leave a Reply